第6回次の仕事をやりたいと思うために