• OneSelF シニアパートナー 水野敬太

第12回 姿勢が悪いと腰痛になるのか?


OneSelFの水野です。


本日は腰痛に関して、”姿勢が悪いと腰痛になる” が


必ずしもそうじゃないよ!


という話を書きたいと思います。


本日の参考文献はこちらです


https://www.jospt.org/doi/10.2519/jospt.2019.0610


"Sit Up Straight": Time to Re-evaluate

Diane Slater, Vasileios Korakakis, Peter O'Sullivan, David Nolan, Kieran O'Sullivan

J Orthop Sports Phys Ther. 2019 Aug;49(8):562-564.


皆さんも腰が痛い

それは”座っている姿勢が悪い“からだよねー


それが当たり前かの如く、言ったり言われたりしたことがあるかと思います。


しかし、それは科学的にはしっかりと検証されているものはありません。


座っている姿勢が悪いから、いい姿勢にしなければ


バレリーナや軍人のような姿勢をとって、ディスクワークをしなければと考えたりしますが


そんなことに“根拠はない”という 見解です




では何が科学的根拠になっているかというと


座位姿勢の持続です。


座位の姿勢が30分以上持続すると腰痛になる、と言われています。


あとは人により


良い姿勢が必要な人が座位姿勢を取り続けると腰痛に影響したり


パフォーマンスが低下したりします。


学生アスリートが「学校の卒論 徹夜で仕上げたんですよー」


というときはやはり腰痛やパフォーマンスが落ちていたりしますし


バレリーナの方がディスクワークを続けていたりすると


「腰が張るー」

という訴えを聞いたりします。




不良姿勢もその人が必要でその姿勢になっていると思うので


凝り固まった考えで「姿勢直す!」というのではなく


いろんな姿勢のバリエーションが取れるように、や


その人の生活リズムにあった、体のコンディショニングの仕方を提案すること


それがトレーナーやセラピスト


体を見る人に求められていることなのではないかと感じます。


今日のブログは以上です。

最後までお読みいただいた方、ありがとうございました!

12回の閲覧0件のコメント
 

フォロー

  • Google Places
  • Facebook
  • Instagram

問い合わせ

℡ 050-3565-4649

住所

東京都三鷹市下連雀3-33-8 三鷹婦人会館藤ビル2F

©OneSelF2020