• OneSelF シニアパートナー 水野敬太

第3回学ぶことの落とし穴

最終更新: 2020年11月27日



OneSelFの水野です。


本日は私が所属しているスポーツクリニックとOneSelFの教育システムについて考えております。


私の祖父は高校教員で、叔父が大学教員ですが、

中高生の頃はほとんど「教育」とか「教員」というものに全く興味がわかなかったものの


アルバイトの塾講師から始まり


前職のスタッフ・学生教育委員会


現在もスポーツクリニック、教育担当

そして起業してスタッフの教育システム構築


として教育に携わることが増えてきました。


今日はその中でも「ダニング=クルーガー効果」について触れたいと思います。


参考文献:Dunning,David, 2011, The Dunning-Kruger Effect: On Being Ignorant of One's Own Ignorance, Advances in Experimental Social Psychology, vol.44, pp.248-296.


Kruger, Justin and Dunning, David, 1999, Unskilled and Unaware of It: How Difficulties in Recognizing One's Own Incompetence Lead to Inflated Self-Assessments, Journal of Personality and Social Psychology, vol.77, no.6, pp.1121-1134.



専門職をやっていると必死で学んで2年目くらいで俺なんでもできる!(治せる!)


症候群と思える時期があります。


ダニング=クルーガー効果というのは心理学者のヴィエット・ダニングとジャスティン・クルーガー氏が示した現象で

ざっくりいうと「学び始めたばかりの人は自分の出来ぐあいを高く評価しがち」

というものです。


よく用いられる曲線(ダニング=クルーガー曲線)で説明すると




引用:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Dunning%E2%80%93Kruger_Effect_01.svg



少し学んで、できるようになると