カラダづくりへの“こだわり”

Commitment

鍛える、

もっと的確]に。

= Correct 

コレクト

3つのCorrect

1.

お一人お一人に確な

カラダづくり

​[

​[

お一人ずつ指紋が違うように、カラダもそれぞれ、姿勢一つをとっても、なで肩やいかり型、猫背から反り腰、カラダの特徴は人により様々です。当然、対するカラダづくりも人それぞれ違ったつくりかたが必要です。それどころか万一、自分にあっていないストレッチやトレーニングを行ってしまうと悪化してしまう恐れもあります。例えば、首に痛みがあるからといって、なで肩の方がストレッチしてしまうと、さらになで肩を助長してしまい痛みを悪くさせてしまいます。

ストレッチ

これは筋力トレーニングの場合も同様で、元々強い部分ばかりトレーニングしているとカラダの使い方が偏ってしまい、効率的なトレーニングが行えずパフォーマンスを下げてしまうこともあります。このようにカラダづくりはお一人お一人のウィークポイントとストロングポイントを把握した上で、的確に行うことでその効果を最大限高めることができます。OneSelFでは専門家による緻密な評価に基づき、お一人お一人にオーダーメイドでぴったりなメニューをご提案します。

Pinpoint!!

2. 

確な順序の

カラダづくり

​[

​[

マッサージやストレッチをするとカラダが伸びて気持ち良いですよね。ただ一つ注意したいのは、せっかく施術してもマッサージやストレッチだけでは再び同じような"かたさ"に戻ってしまうことです。OneSelFでも"かたさ"や"ゆがみ"の改善にストレッチを用いていますが、そもそもこうした"かたさ"や"ゆがみ"の原因には、好ましくないカラダの使い方(マルユース)が影響しており、このマルユースを同時に改善する必要があります。

そしてこのマルユースを改善しなければカラダの根本的な解決にはなりません。正しいトレーニングこそがこのマルユースを大きく改善してくれます。このトレーニングも上述のようにお一人お一人に適する必要があるのと同時に、ストレッチなどのコンディショニングで"ゆがみ"を整えてから行うことで、偏りなくトレーニングを行うことができます。OneSelFでは整える→鍛えるという的確な順序で、後戻りしないカラダづくりを提供します。

3. 

科学的に確な

​カラダづくり

​筋トレはできるだけ重い負荷でやった方が良いでしょうか?​一昔前は筋肥大(筋肉が大きくなること)には最大筋力の70%以上で行うことが正解とされていましたが、現在では少ない負荷でも週単位の総負荷量(重量×回数×セット数)を上げれば軽い負荷でも筋肥大や筋力増強に効果的と言われています。

​[

​[

この他にもストレッチの最適頻度は週3回、トレーニング後1時間以内にタンパク質を摂取することが筋トレに効果的である、などカラダづくりの科学的根拠は日々進化しています。OneSelFではスタッフが学会発表や論文投稿を精力的に行い、常に最新の科学的知見を取り入れています。こうしてコンディショニングやトレーニングを日々アップデートすることで、最新科学に基づいた的確なカラダづくりを提供します。

OneSelFのコレクトなカラダづくり、

是非、この機会にご体感ください。

MAIL one.self.for.your.life@gmail.com

TEL 050-3565-4649

Adress 東京都三鷹市下連雀3-33-8 三鷹婦人会館藤ビル2F

​→JR三鷹駅から徒歩5分

Untitled3.png
  • Facebook
  • Instagram
  • icon0053