The STORY of OneSelF"er"

塩田 裕一​

YUICHI SHIOTA 

これまでの野球人生~どん底からエースに~

-- 今やっているスポーツと所属を教えてください。

今は、野球をしていて、今年から東京都社会人クラブチームに所属しようと思っています。

-- 今までのスポーツの経歴を教えてください。

水泳を小学校1~4年生までやっていましたが、水泳はやらされていて、ある程度泳げるようになったところでやめました。野球はピッチャーとして、軟式野球を小学校1年生~6年生でやり、中学ではシニアリーグでプレーをし、高校、大学と続けてきました。

-- それでは、硬式野球を本格的にやり始めたのは、中学からということですね?

そうですね。中学では部員数も約100人と多く、専用のグラウンドもなかったため、環境は良くはありませんでしたし、最初は一番下手くそなピッチャーでした。しかし、自分の中で“自分は周りに勝って絶対エースになれる”という謎の自信と“誰にも負けたくない“という気持ちがあって、結果最終的にそのチームのエースになれました。

-- 高校では、どうでしたか?

高校も中学時代と似ていて、最初はBチームの投手の中の一番下からのスタートでしたね。周りがAチームでプレーしていて、自分だけAで出れない悔しさから、この時初めて、“このままじゃまずい!”と思いました。そして、高1の秋からサイドスローに投球フォームを変えました。そこから徐々に結果が出るようになり、高2でメンバー入り、高3でエースとして投げることができました。

 

「自分の持ち前の負けん気の強さで、どん底からはい上がり、チームのエースへとなった」、とこれまでの野球人生を振り返ってくれた。

 

自分らしいピッチングとは何か。成功だけではなかった大学野球。

挫折を味わう大学3年

 

-- 中学、高校とも下から這い上がって、エースピッチャーになったんですね。大学ではどうでしたか?

大学では、中学や高校とは逆に、1年生からメンバー入りし、先発で投げる事も多く、首都大学野球新人戦では準優勝しました。そして大学2年の秋まで順調に投げる事が出来ていましたね。

-- 大学2年の秋まで?、ということは、それ以降は違ったのですか?

そうですね、それ以降は環境の変化があり、これまでとは違った状況になりましたね。この時、MAXが140km/hあったし、変化球も持っていて、そつなくこなすピッチャーだったと思います。元プロの選手がいらした際も、「お前なら上でやれる」と声をかけてもらったり、プロチームのスカウトからも見てもらえるようになりました。そして、”そこまで評価してもらえてるなら!”とプロ野球選手の道を目指しました。しかし、やっているうちに、“周りの選手に比べ、自分はそんなに良いピッチャーか?”と思うようになり、自分の評価と周りからの評価にギャップを感じるようになってきたんですね。

-- 注目され始め、周りの目や評価を気にするようになったんですね?

そうだったと思います。自分がどういうピッチャーか分かんなくなり、周りの目を気にするようになっていたし、投球だけに集中できていなかったんだと思います。そして、大学3年生になった時から、調子が上がんなくなり、投げても打たれるし、自信も無くなっていました。やっと、大学4年で練習では良く投げられるようになったのですが、試合になると自信がなく、思うように投げられなく、引退となってしまいました。

これからの野球人生〜挑戦するなら“今”しかない〜

-- これからの野球人生は、どのように考えていますか?

大学野球の引退後は、“やりきれてない、球も速くなりそうな感覚もある”と感じていましたが、野球のことを考えたくなくって、無理やり遊びの予定をたて、過ごしていました。しかし、大学卒業後、“このまま終わるんかな?本当に自分がなりたいのはプロ野球選手ではないのか?まだやれるんじゃねえか?”と思うようになり、“一回しかない人生なんで挑戦するなら今しかない”と、今、また、プロ野球選手への道に挑戦しています。

-- 今後の目標について教えて下さい。

25歳までに、プロ野球選手になりたいとは考えています。そのためにも、来年までに独立リーグで野球をしっかりやれる環境に身を置きたいと思っています。プロ野球選手になってからは。中継ぎか抑えで投げたいと思っていて、相手の良い流れを切れるピッチャーになりたいです。

-- OneSelFerとしての意気込みやOneSelFに求めている事はありますか?

OneSelFが大事にしている主体性という考えは自分も大事にしている部分で、限られた環境をいかにプラスに変えるかは自分次第だと思っているので、主体性を持って野球を頑張りたいなと思っています。選手時代にトレーニングは自分で調べてやっていた事が多かったので、そうではなく、OneSelfで自分の足りない所や伸び代のある所を専門的に評価してもらって、そこを自分で深く突き詰められるようになれるようにサポートしてほしいなと思っています。

MAIL one.self.for.your.life@gmail.com

TEL 050-3565-4649

Adress 東京都三鷹市下連雀3-33-8 三鷹婦人会館藤ビル2F

  • Facebook
  • Instagram
Untitled3.png